電話代行とアルバイトのクオリティの違い

意外に煩雑なアルバイト要員管理

顧客対応、新規顧客獲得、アンケート調査など電話業務をこなす方法には、アルバイトを雇う方法と電話代行業者に委託する方法があります。さて、アルバイトと電話代業者にはどのような差があるのでしょうか?アルバイトの場合には、まず、業務を行う場所を確保しなければなりません。事務所の一角を用意したり、別に会議室を借りたりする必要が出てきます。もちろん、在宅アルバイトを採用しても構いませんが、在宅の電話業務には雑音という大きな壁があります。家族の声や犬の声などが電話の相手に聞こえてしまうと、せっかくの顧客対応も大きくイメージダウンしてしまうのです。

また、時にはアルバイトの人が病気をしたりして休んでしまうこともあります。こういった場合の補充要員まで確保するとなると、相応の人件費を覚悟しなければなりません。シフトを組んだり、時間給の計算をしたり煩雑な事務作業も増えます。

電話代行業者ならプロクオリティ

多くの電話対応業務にはマニュアルがあります。アルバイトにも一定期間社内でマニュアル研修をすることは可能です。しかし、電話の相手はマニュアルに沿って話をするとは限りません。電話接遇の難しさはここにあります。怒りっぽい顧客や無駄話をしたがる相手もいるでしょう。こんな時、通り一遍のマニュアル教育では対応できないのが現実です。マニュアル通りにいかない相手の対応に失敗すると、顧客をなくしたり企業イメージを落としたりします。 電話代行業者は電話業務のプロ集団です。電話対応スタッフも、そのスタッフの教育担当者も営業担当者もプロです。求められているのが顧客対応なのか、新規顧客獲得なのか、商品知識が必要なのか、ターゲットはどんな人達なのかなどを的確に把握して業務に臨みます。プロの電話対応スタッフを多く抱えている電話代行業者に委託することが、クオリティの高い電話業務をこなす第一歩だといっても過言ではありません。