電話代行とアルバイトのコストの違い

期間によってどちらを利用するか決める

従業員が足りなくて電話対応業務ができないときがあります。顧客からの電話に出られなかったり、営業の電話をかけられないなどの問題があり早めに対応する必要があるでしょう。正社員を雇用する方法もありますが、それ以外に電話代行業者に依頼するかアルバイトを雇うかの選択肢もあります。電話代行業者は時間当たりのコストは高いものの、短期間の利用であればそれほど問題はないでしょう。一方長期的に利用するとなると、電話代行業者だとコスト高になるために経営に影響するかもしれません。アルバイトは人によって能力差があり、教育時間が少ない短期の利用はあまり良くありません。一方しっかり教育をして長期的に利用するなら、割安なアルバイトの方がコストが下げられるメリットがあります。

効果を求めるときにどちらを選ぶか

社員が少ない職場において電話対応の人材がいないときは電話代行やアルバイトの採用を検討しなければいけません。このときどんな電話対応かによって電話代行業者を使うべきか、アルバイトを採用すべきかの判断をした方がいいでしょう。電話代行業者は電話対応のプロが電話を受けてくれるので、顧客からの電話を丁寧に対応してくれたりアポ取りの電話などもしてくれます。電話対応の品質を気にするのであれば、電話代行業者に依頼した方が良さそうです。一方電話対応に質を求めないのであればアルバイトでも構わないでしょう。アルバイトは電話対応のプロでないので、言葉遣いに問題があったりアポ取りの電話などは難しそうです。決まった受け答えや宣伝を伝えるだけであれば、アルバイトでもできるでしょう。

注文の電話受付も大事な仕事ですが、そのせいでその他の仕事の手が度々止まってしまうと非効率的です。電話代行サービスを上手に利用すれば、顧客満足度も他の業務も能率をアップさせる事が出来ます。